体の冷えとは??

こんにちは!

本日より初ブログです

今日はとてもお天気が良く、春の様な陽気ですね(‐^▽^‐)

やはり暖かいと、体が元気になります。

ずっとこの陽気が続けばいいのに・・・と思いますが、真冬の寒さ、真夏の暑さがあるからこそ良く思えるのですね。

それぞれの四季を楽しみながら、元気に過ごしていきたいと思います。

 

ところで、なぜ体が温まると元気になるのでしょうか?

 

昔から“冷えは万病の元”と言われていますよね。

体が冷えると、体がかたくなり、筋肉、血管もかたくなり、筋肉が血管を圧迫して

血流が悪くなるそうです。

流れの悪い川が汚れている様に、流の悪い血液も汚れを生みます。

それが体の不調や病気へ繋がっていきます。

 

体の冷えと言われてもなかなかピンとこない方もいるかと思います。

冷えと言っても女性に多い冷え性だけでなく、

今ではもともとの体温そのものが低い『低体温』の方が多くなってきています。

平均の体温は36.5度と言われていますが、

今では体温が高いはずの子供でも、平熱がそれを下回っている方が多い様です。

免疫学の先生によると・・・

体温が1度低下すると白血球(体の中に入ってきた菌と戦う血液)の活性が30%以上もダウンするそうです。

 

体を冷やす原因はたくさんあります。

エアコン、偏った食生活、ストレス、運動不足など・・・

 

大切なのは冷えの根本を見直して、改善していくこと。

いつも琉球温熱にいらして頂いている方の中に普段から不眠症でなかなか夜眠れず、

疲れが取れない・・・とおっしゃる方へ琉球温熱を行い、

体を芯から温めると、夜はぐっすりと眠ることが出来、疲れがとれて元気になった

とおっしゃられます。

 

体を温めることは難しい事ではなく、

普段の生活の中にヒントがたくさん隠されてます。

次回は体を内側から温めるコツを取り入れて書き込みたいと思います。

みんなでストレス、病気に負けない元気な体を目指しましょう。

温熱スタッフ
原田 香織